理学療法士の訪問看護ステーションへの転職

理学療法士転職TOP >> 職場別の求人 >> 訪問看護ステーション

理学療法士の訪問看護ステーションへの転職

高齢化社会が進む現代において、理学療法士の求人案件は増えています。その中でも訪問看護ステーションへ転職を希望する人が多いです。それでは、訪問看護ステーションでの理学療法士の仕事内容と、どんな人に向くかをご紹介します。

事故や病気で体に障害をおってしまったり、高齢になって身体の機能が衰えてしまった人の為に、「歩く」、「座る」などの基本動作のサポートをしたり、身体機能の回復をお手伝いするのが理学療法士の仕事です。通常、病院や施設などで行うリハビリで身体機能の回復訓練を行いますが、最近は病院や施設などに入院する期間が短くなってきました。その為退院してから自宅でのリハビリをサポートするのが、訪問看護ステーションに所属する理学療法士の仕事になります。

退院した直後であれば、身体機能が回復する余地がありますから、自宅の階段や浴室、トイレなどの場所で歩行訓練を行ったり、筋力の回復や負担のない関節の動きを取り戻すなどのリハビリを行います。もし退院してから数年が経過している人の場合は、このような身体機能訓練の他に、褥瘡や関節拘縮などの二次的な障害の発生を予防する訓練も行います。

依頼者の自宅でのリハビリは通常週に1-2回、1回につき40-60分行います。長期的なリハビリになることが多いので、依頼者の家族とのコミュニケーションもきちんと取って、気持ちよくリハビリを行える環境作りも必要となってきます。また自宅での介護は家族にとって、とても大きな負担になるケースも多いので、ご家族の心理的な負担を軽減するような配慮も必要です。

自宅でのリハビリは長期的になる場合がほとんどですから、リハビリ内容がマンネリ化してしまって、依頼者の目的に沿わなくなる可能性も高くなります。そのため理学療法士は依頼者の体調や身体機能の回復の程度に合わせて、定期的にリハビリ計画を立案しなおす必要があります。訪問看護を行う理学療法士はこのように細やかな心配りができる人が向いていると言えるでしょう。

依頼者によっては体の自由がきかない為に心理的に不安定になっている人もいます。訪問看護の理学療法士はそのような依頼者の気持ちに寄り添うことができ、かつ辛抱強くサポートし続ける人が適任と言えるでしょう。

近年自宅での介護の必要性が増している為、訪問介護ステーションへの求人は増加傾向にあります。訪問介護の仕事をスケジュール通りにこなせるようになれば、家庭との両立もしやすくなるので、家庭と両立させたい女性にもおすすめの職場です。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ医療介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.