理学療法士のスポーツ分野への転職

理学療法士転職TOP >> 職場別の求人 >> スポーツ分野

理学療法士のスポーツ分野への転職

理学療法士の多くは病院や施設などに就職するパターンが多いです。特に最近は高齢化社会が進んでいる為に、病院や施設などでは単なるリハビリの知識だけでなく、高齢者が日常生活を送れるように身体機能の維持を目的にしたリハビリを行うことが多いです。しかし理学療法士の中にはスポーツ分野へ転職する人が増えてきています。運動学や解剖学、そして生理学など理学療法士としての知識をふんだんに使うことができる可能性が高いので、スポーツ分野でトレーナーとして働けば、より理学療法士としての仕事冥利に尽きると言えるでしょう。そこで、理学療法士のスポーツ分野への転職についてご紹介します。

スポーツ選手にとって、体のコンディション管理は仕事の一つでもあります。思うように体を動かせなければスポーツ分野で活躍できず、思うような結果を残すことができないからです。ですから、理学療法士はスポーツ選手の大切なパートナーであり、選手の状態を見ながら、筋肉の動きを良くしたり、疲れを早く取るようにしたり等、様々なケアを行って行きます。

スポーツ選手の為に理学療法士として働きたいのであれば、最終的には個人的なトレーナーになることを望むでしょう。しかし最初からそのようなチャンスに恵まれることはほぼありませんから、スポーツ関連施設などで経験をつむことが必要となります。しかし理学療法士は医師ではないので、大切なスポーツ選手が怪我をした時に治療を施すことはできません。捻挫や打撲などの処置をすることは可能ですが、その他の治療に関しては医師の指示が必要となってきてしまうので、スポーツ関連施設で仕事をしていると、怪我をしているスポーツ選手に何もしてあげることができません。

そこでおすすめするのが整形外科で働くということです。整形外科で働けば、より密接にスポーツ選手の治療に関わることができますし、また医師との距離も近いので、スポーツ選手の怪我の状態に関して情報を共有しやすく、医師に治療の詳細をすぐに確認できるので、スポーツ選手のケアがしやすいというメリットがあります。整形外科で経験をつむことで、医学的な知識も増やすことができ、理学療法士としてのスキルアップもできます。

理学療法士がスポーツ分野へ転職するにはまず知識と経験を積むことが先決です。病院や施設、スポーツ関連施設で働くのも良いですが、医師と密接な関わりを持てる整形外科で経験を積んで、ゆくゆくは個人的なトレーナーとして飛躍出来るようにしましょう。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ医療介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.