理学療法士のピラティススクールへの転職

理学療法士転職TOP >> 職場別の求人 >> ピラティススクール

理学療法士のピラティススクールへの転職

ピラティスというと女性が美容の為に行うエクササイズというイメージがありますが、実は体の状態に合わせて運動強度を変えることができ、効果的にインナーマッスルを鍛えることができることから、近年医療施設などでもピラティスを利用したリハビリが取り入れられています。理学療法士の中にはピラティススクールへ転職を果たし、成功している人もいるくらいです。そこで理学療法士とピラティスの関係、そして仕事内容についてご紹介します。

ピラティスはよくヨガと間違われる事が多いのですが、運動強度は同程度でも、即効性が高いのがピラティスの方なので、よりリハビリに使われやすいのが特徴と言えます。すぐに効果が現れるからと言って無理な強度でピラティスを行えば逆に体を壊してしまいかねません。そこで必要なのが、リハビリの知識を持っている理学療法士で、病院や施設、フィットネスクラブだけでなく、ピラティススクールなどでも理学療法士の求人案件が増えてきています。

ピラティスはマットを使うものと、マシンを使うものの二種類があり、どちらもインナーマッスルを効果的に強化するのでリハビリに適しています。ピラティスは体に障害を負っている人や、体を動かすのに何らかの違和感がある人におすすめですが、もちろん美容目的の方やアスリートの方もスクールに参加していることがあるので、リハビリの知識以外にもあらゆる事に精通しておくと良いです。

ピラティススクールにはマンツーマントレーニングがメインの所やグループトレーニングがメインの所など、それぞれ特徴がありますので、年収などの転職の諸条件の他に自分がどのように理学療法士として会員に接して行きたいかを考慮して選んだ方が良いでしょう。日本では現在様々な団体が行っているピラティスの資格があり、それらの講座を受講して資格を取得すれば、ピラティススクールへの転職がしやすくなるのでおすすめです。米国のピラティス公認団体PMAの医療用ピラティスやPHIピラティス養成講座などがありますので、自分の興味があるものを是非選んでみてください。

理学療法士の人数は年々増加しており、飽和状態に近づいてきていますので、これからの時代、理学療法士として生き残る為にはピラティスなど、プラスアルファの知識もあった方が有利です。理学療法士としての経験にピラティスの知識も加えて、これからの社会に必要とされる理学療法士を目指してください。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.