理学療法士の特別養護老人ホームへの転職

理学療法士転職TOP >> 職場別の求人 >> 特別養護老人ホーム

理学療法士の特別養護老人ホームへの転職

高齢化社会が進む中、日常動作のリハビリを行う理学療法士の需要は高まっています。その中でもお年寄りに寄り添ってリハビリを行う特別養護老人ホームで働く理学療法士の仕事についてご紹介します。

急性期病院や回復リハビリ病院で働く理学療法士の場合は、怪我や病気で身体機能が麻痺したり、障害をおってしまった人が日常生活を取り戻せるようにリハビリを行います。しかし特別養護老人ホームで働く理学療法士の場合は、入居者が高齢であるため、身体機能が回復する時期をとうに過ぎている場合が多く、特別養護老人ホームでのリハビリの仕事というと、身体機能の低下を防ぐことを目的とするケースが多いです。

特別養護老人ホームでの理学療法士の仕事は、入居者の機能・動作レベルの維持することを目的に主眼を置いていますが、入居者と一番密接に関わりを持つのが介護士である場合がほとんどなので、理学療法士が入居者と1対1で対応することは少ないのが現状です。そのため特別養護老人ホームで働く理学療法士はレクリエーションや食事の時間を利用して、入居者の身体や精神の機能を短時間で評価する必要があります。そしてその結果を介護士等の他のスタッフと連携し、入居者がより自分で日常生活を送れるように計画し、実行していくのが仕事となります。

特別養護老人ホームではあらゆる福祉用具を利用していますので、理学療法士としての立場から、福祉用具の選定について意見したり、また現在利用している用具の調整も日々行っていくことも仕事の一つになります。身体的・精神的なリハビリに関する知識だけでなく、このような補助器具についても勉強しておく必要があります。

特別養護老人ホームで働く理学療法士の仕事の対象は入居者に限ってはいません。特別養護老人ホームの中にはデイサービスやデイケアなどのサービスを行っている施設が多いので、レクリエーションの機会を通して利用者全員に対してリハビリを行っていくことがあります。また無事ホームを退所する方に対しては自宅でのリハビリについて指導を行ったり、アドバイスをしたりすることもあります。特別養護老人ホームで働く理学療法士の仕事は一人一人のお年寄りに対して最適のリハビリを行なっていく必要がありますので、細かい所にまで心配りができる人が向いていると言えるでしょう。

特別養護老人ホームはスタッフの数が少ない場合が多いので有給休暇を取りにくい環境である場合が多いですが、病院や施設などで働く理学療法士に比べると勉強会などが少ないので、ワークライフバランスを重視したい人にはおすすめの職場と言えるでしょう。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.