理学療法士のフィットネスクラブへの転職

理学療法士転職TOP >> 職場別の求人 >> フィットネスクラブ

理学療法士のフィットネスクラブへの転職

理学療法士が多い職場と言えば病院や施設ですが、近年フィットネスクラブで働く人が増えてきています。高い専門性を活かせる職場として人気のフィットネスクラブでの仕事についてご紹介します。

フィットネスクラブで働く理学療法士は幅広い年齢層に合わせて、トレーニング方法などをアドバイスすることができます。時にはパーソナルトレーナーとして、30分から1時間単位で個人的にトレーニングを行い、利用者の体の機能改善のサポートをすることもできます。

フィットネスクラブで働く理学療法士の仕事の最大の特徴は利用者のあらゆる質問に答えることが必要ということでしょう。例えば利用者の中には骨粗鬆症やパーキンソン病等の慢性疾患を患っている人がいますから、その人にあったリハビリ方法をアドバイスする必要があります。また、慢性疾患などの悩みではなくて、「痩せたい」とか「筋肉をつけたい」、あるいは「血糖値が高いので、日々の食事に関してどのようなことに気をつけたら良いですか?」という日常生活を送る上での気をつけるべきことについて質問をされることもあります。フィットネスクラブで働く理学療法士は病院や施設で働く場合と違って、あらゆる病気や日常生活に関して、答えられるようになっておくこととが必要です。

フィットネスクラブというと大手の日本全国にチェーン店がある施設を思い浮かべるかもしれませんが、近年は「ドクターズフィットネス」や「メディカルフィットネス」など、医療機関と連携しているフィットネスクラブが増えてきています。医療機関から運動処方箋が出ていれば、利用者はフィットネスの利用に関して医療費控除を受けることができるので、自分の体の機能を維持するというだけでなく、経済的な面でも大変お得です。理学療法士に関しても、生理学や運動学など理学療法士としての知識を最大限に活かせるので、このような医療機関と提携しているフィットネスクラブの方が理学療法士としての仕事が楽しくなるでしょう。

理学療法士の数は年々増加傾向にあり、フィットネスクラブで働く理学療法士の数も増えてきおり、飽和状態に近づいてきています。フィットネスクラブで働くためには、理学療法士としての自分の知識を最大限に活かせる職場を探すべきでしょう。フィットネスクラブでは専門性の高い知識を持った理学療法士の採用を強化していますので、自分の専門性や強みを見つけて、転職する際にアピールしてみてください。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ医療介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.