チーム医療に携われる理学療法士の転職

理学療法士転職TOP >> 希望条件別 >> チーム医療に携われる

チーム医療に携われる理学療法士の転職

理学療法士になって毎日病院や施設で経験を積んでいると、自分はもっと患者さんの為に役立つ理学療法士になりたいと思うようになってくることでしょう。そういう方におすすめするのが、理学療法士としてチーム医療に参加することです。今まで患者の治療というと、医師が中心となって行われているもので、医師の指示の下で看護師や理学療法士などが動くという形態が一般的でした。しかし近年はチーム医療という概念が普及してきて、医師や看護師、理学療法士、作業療法士など、それぞれが自分の専門性をフルに発揮して医療を行っていくというスタイルが確立してきています。そこでチーム医療に携われる理学療法士の転職についてご紹介します。

チーム医療での理学療法士の仕事は、患者さんが日常生活を無理なく送れるようにする為に、筋力の回復や歩行訓練、あるいは座ったり、立ったりなどの基本的な動作の訓練などを医師の指示の下で行う事です。医師や看護師、理学療法士などそれぞれ職種のプロがチームとして患者さんを評価し、今後患者さんが回復する為のゴールを設定して、それに必要な医療を役割分担して行っていきますから、理学療法士は他のメンバーときちんとコミュニケーションが取れる事が必要です。またそれぞれの意見を尊重する事ができ、高い倫理観を持ってチーム医療に参加する姿勢も必要となります。理学療法士としての知識や経験はもちろん必要ですが、人格の面でも優れている人がチーム医療では必要とされますから、急性期や回復期などあらゆる職場で臨床を積み、人間関係で揉まれている人が適しています。

理学療法士としてチーム医療に携わりたいのであれば、総合病院や大手の病院、あるいは臨床を行う赤十字病院などが狙い目です。しかし理学療法士といえども、ある程度の知識や経験がなければチーム医療で自分の専門性を発揮することはできません。まずは急性期などでたくさんの経験を積むようにしましょう。患者さんのリハビリは退院してからも続く事が多いので、自宅でもリハビリができるように計画を立てることが必要です。チーム医療でも退院後のケアまで考えてあげる事ができる理学療法士になる事が重要です。

同じ職場で長年働いてしまうと、どんな人でも慣れが出て来てしまって、その後の成長がストップしてしまいます。理学療法士としてキャリアを積むのであれば、同じ病院内でもあらゆる部署に移動してみるなどして、たくさんの場数を踏むようにしてください。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ医療介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.