年収700万以上の理学療法士の転職

理学療法士転職TOP >> 希望条件別 >> 年収700万以上

年収700万以上の理学療法士の転職

理学療法士の年収は300万円から400万円と言われています。最近は理学療法士の数が増えてきていますし、国の政策を受けて、病院ではリハビリの切り離しの傾向になっていますから、年収云々の不満どころか理学療法士は解雇の憂き目にあう可能性さえあるのです。しかしそんな中でも、理学療法士で年収が700万円以上の人もいます。そこで今回は理学療法士で年収700万円以上を狙う方法をご紹介します。

理学療法士は増加傾向にありますから、まずは他の理学療法士とは違う方向に進むことが鍵となります。例えば各大学では理学療法士養成教員の募集を行っており、それらに応募すれば年収が700万円どころか1,000万円以上もらえる可能性が出て来ます。自分の理学療法士としての知識や経験を活かせますし、またその知識や経験を自分なりに再構築できるという面白さもあります。次の世代を育てるというのも臨床の現場では味わえない面白さですから、興味があればチャレンジしてみることをおすすめします。

ただし、教員の年収は職場によってまちまちですから、年収700万円に満たないところもあります。概ね病院や施設などで働く場合よりも高収入である事が多いのですが、年収に関しては募集要項をきちんと確認しておくと良いでしょう。また臨床現場と違って、教員になるとデスクワークが中心となります。それから病院や施設などとは違う人間関係に戸惑うこともあるかもしれません。どんな環境でも適応できる柔軟さやストレス解消方法を身につけていれば、克服できる問題ですから、年収アップだけの目的ではなく、新境地の開拓という意味で楽しめるのであれば、転職を考えてみてください。

稀ですが理学療法士の中には独立開業という選択をする人もいます。理学療法士としての開業は難しいですが、訪問看護ステーションなど需要が高い分野で経営者として成功をおさめる人がいます。成功すれば年収700万円どころか、1,000万円超えも不可能ではありません。理学療法士としての知識や経験の他に、高いマネージメント能力や稼ぎ出す嗅覚のようなものも必要となってきます。大きく稼げる反面、リスクも高くなりますが、これからの時代、高収入の理学療法士になるには、独立開業という選択肢もありでしょう。

今までと同じ職場で、同じように働いていては年収アップは図れません。これからは給料をもらうという発想ではなく、稼ぎ出すという発想で理学療法士としての知識や経験を生かしていくことこそ、年収700万円以上を叩き出す鍵となるのです。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.