年収600万以上の理学療法士の転職

理学療法士転職TOP >> 希望条件別 >> 年収600万以上

年収600万以上の理学療法士の転職

介護系の仕事は年収が低いと言われますが、理学療法士も例外ではありません。理学療法士は国家資格でありながら、平均年収400万円前後で、一般の病院では定期昇給も見込めない状態にあります。加えて理学療法士の数は増加傾向にありますから、年収アップどころか、このままでは働き口さえも失ってしまう可能性があります。そこで理学療法士で年収が600万円以上になる転職についてご紹介します。

今勤めている病院や施設で年収アップを図るなら、一番簡単な方法として管理職になるという手があります。管理職になれば諸手当がつく所がほとんどですから年収アップに繋がります。管理職になると責任が重くなりますし、経営者と一般職の間に立つ事が多くなって、精神的に疲弊する場合も多くなりますが、自分で心身のバランスをコントロールできる人であれば、理学療法士としての知識や経験を積みながら、マネージメント能力もアップできるのでおすすめです。

女性の場合は子育てと理学療法士の仕事を両立したいと考えてケアマネージャーの資格を取得し、訪問看護ステーションで働くという選択をする人が多いです。一部の訪問看護ステーションでは利用者をより多く獲得したい為に、理学療法士の知識を持ったケアマネージャーの求人に力を入れている所があります。実際、訪問看護ステーションの需要は高まっており、年収が600万円を超える求人もたくさんあります。理学療法士としての知識や経験を活かせ、家庭との両立ができ、かつ年収アップに繋がる訪問看護ステーションがおすすめです。

理学療法士として年収をアップさせるには養成校教員になるという方法もあります。年収は転職先によってまちまちですが、概ね臨床で働くよりも高くなりやすく、年収600万円というところも存在します。養成校の教員になるには臨床経験が5年以上とか、学士を保有している等の条件が必要となりますが、自分の知識を次の世代に伝えたい等、理学療法士として新たな分野にチャレンジする意志があるのなら、養成校の教員という方法もおすすめです。

理学療法士の数は飽和状態になってきていますから、勤めている病院が経営難になってしまえば、理学療法士も解雇される可能性があります。今後の業界で生き残る事ができる理学療法士になる為にも、他の理学療法士とは一味違うプラスアルファの知識や経験を積んで、周りから選ばれる理学療法士になれるよう努めましょう。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.