理学療法士の転職時の履歴書のポイント

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の転職時の履歴書のポイント

理学療法士の転職時の履歴書のポイント

理学療法士への転職を希望するにあたって、履歴書は重要なポイントとなってきます。そこで、理学療法士の転職時の履歴書の書き方ポイントをいくつか挙げていきましょう。

まずは「手書きで書くこと」です。最近ではパソコンを使った履歴書の記入も目立ってきています。確かにパソコンで記入すると文字の綺麗さなどは求められないため簡単で正確ですが、目立ちません。一方、手書きの履歴書は目立つので採用されるためのアピールポイントとなるのです。字を書くのが苦手な方は下書きをしっかりと行って手書きで履歴書を書くようにしましょう。時間をかけて丁寧に書けば必ず綺麗に履歴書を書く事が出来ます。

続いてのポイントは「空白をなるべくなくす」ことです。採用する側は多数の履歴書を一度に確認していきます。そのため、多数の履歴書の中でも目立つ履歴書でなければ面接までに結びつきません。その中で目立つ履歴書にするためには、空白を少なく書く事が大切です。例えば趣味を記載する欄であっても、空白は控えてしっかりと書くようにしましょう。そこから面接での会話が発展する可能性も出てきます。採用側は履歴書からどういった人材なのかを読み取ろうとしているので、空白をなるべくなくし、履歴書を書くことをオススメします。

続いてのポイントはやはり「志望動機」です。志望動機は、なぜこの職場を選んだかを明確に記載しなければなりません。そのため履歴書で、一番採用側にアピールする場でもあります。志望動機を書くうえでのポイントは「職場の特徴を踏まえて書く」ことが大切です。例えば教育体制が充実していたり、他にはない取り組みを実施しているなどの職場の特徴を踏まえて志望動機を書いていくと、採用側へ好印象を与えることが出来ます。志望動機を書く際には、まず希望する職場の情報収集をして特徴などを把握するようにしましょう。

さらに志望動機で採用側にアピールするポイントとしては「自分の目標を明確にする」ことが挙げられます。勤務してからどういったことをしていきたいかという自分の目標を書くことで、採用側に印象強くアピールすることが出来ます。例えば各種資格を取得してキャリアアップを図りたい場合は、どういった資格なのかを明確に書くと良いでしょう。

以上、理学療法士の転職時の履歴書のポイントについて挙げていきました。相手に興味を持ってもらえるような書き方を意識して履歴書を書くようにしましょう。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.