理学療法士によくある転職理由

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の転職時の面接のポイント

理学療法士によくある転職理由

理学療法士によくある転職理由についていくつか挙げていきましょう。まず一つ目は「給与面での不満」です。はじめは納得して働いていたが、働いて続けている内に結婚などの生活環境の変化で、今の給与に不満を感じるようになるといったケースが多いのです。これは理学療法士だけではなく、他の職種においても転職理由として多い理由でもあります。

二つ目は「人間関係の悪化」です。職場の経営方針に納得がいかない・上司と反りが合わないなどの人間関係の悪化は、転職理由として挙げられることが多くなっています。職場での環境が悪いと、家庭内での環境も同時に悪化してしまう傾向にあり、さらに仕事への意欲が低下してしまいます。そのため、転職を考える方が多いのです。

三つ目は「通勤時間が長い」ことです。はじめは通勤時間についてなんら不満は感じませんが、生活環境の変化によって転職理由に挙げられることが多くなっています。通勤時間が長いと通うのにも大変ですし、その通勤時間が勿体無いと考える方が多いようです。

四つ目は「キャリアアップを図りたい」です。今の職場では学べないことや経験出来ないことを自ら求めて転職する方も多くいらっしゃいます。同じ理学療法士として働いていても、それぞれに働く環境が異なっています。そのため、キャリアアップを転職理由に転職する方も多い傾向にあります。

以上、四つの理学療法士によくある転職理由について挙げていきました。やはりどの職種の転職理由にも「職場への不満」や「人間関係の悪化」は多く挙げられる傾向にあるようです。

ここでひとつ注意点があります。転職時に面接をする際、転職理由について必ず面接官から質問をされます。その際に職場への不満や人間関係の悪化が転職理由であると話してしまうことは避けましょう。正直に話すのはいいことですが、マイナスなイメージを面接官に与えてしまい、採用に影響する可能性が出てきてしまいます。そのため、あくまでも転職理由には「キャリアアップ」を掲げて答えるようにしましょう。

その際には取得したいスキルや資格を明確にしておく必要が出てきます。曖昧な答えでは面接官に好印象を与えることが出来ないので、注意しましょう。現在、転職について実際に悩んでいる理学療法士の方も多いでしょう。転職して職場を変えることは悪いことではありません。現在の職場に対して仕事をする意欲が湧かないという方は、勇気を持って転職することをオススメします。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.