理学療法士の開業について

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の開業について

理学療法士の開業について

理学療法士で開業について考えている方も多いでしょう。ですが、理学療法士は基本として開業することは出来ません。理学療法士には開業権はなく、医師の指示がなければ施術することが出来なくなっているからです。これは理学療法士だけではなく、リハビリ職に関わる言語療法士や作業療法士も同様となっています。しかし、違う形で開業を考えるのであれば不可能ではありません。例えば、必要な資格を取得して「整体院」や「接骨院」など、形を変えることで開業することは可能です。

理学療法士としては開業することは出来ませんが、事業として起業することが出来ます。例えば訪問介護ステーションやデイサービスなどが挙げられます。こういった事業を展開する注意点としては「看護師」が必要となる場合があることです。訪問介護ステーションの場合、管理者に看護師を配置しておかなければいけません。デイサービスの場合は、定員が10名を超えると看護師が必須となります。しかし、デイサービスは条件を満たすことで、理学療法士でも事業を展開することが出来るのです。

続いては、理学療法士が起業する際の注意点についていくつか挙げていきましょう。まず一つ目は「経営やマーケティングなどの知識が必要となる」ことです。理学療法士として今まで培ってきた知識・技術だけではなく、自ら起業する際には経営やマーケティング等の多数の知識が必要となります。起業をしたいが、そういった知識はないという方は、アドバイザーを雇うようにしましょう。

二つ目は「ホームページの立ち上げ・運用が必要」になることです。起業をしても利用者がいなければ経営は成り立ちません。さらに利用者を増やすには周囲に宣伝する必要があります。そこで重要となるのが「ホームページ」です。現在ではインターネットを利用して情報収集することを当たり前のように行われています。そのため、ホームページの立ち上げ・運用は起業にはなくてはならないものとなります。自らホームページの立ち上げ・運用が難しいという方は、専門業者に依頼することをオススメします。

理学療法士が自ら起業をする最大のメリットとしては「経営者」となることです。確かに大変で考えることも多いですが、自らのやり方次第で利用者も利益も増えていきます。これから理学療法士の方で起業をしたいと考えている方は、自分で起業をするうえで必要な情報収集をし、万全な状態で起業が出来るようにしてください。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.