理学療法士の転職時の志望動機のポイント

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の転職時の志望動機のポイント

理学療法士の転職時の志望動機のポイント

これから理学療法士への転職を考えている方も多いことでしょう。そんな方の中で志望動機についてどう書こうか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、理学療法士の転職時の志望動機のポイントについていくつか挙げていきましょう。

まず一つ目は「転職したい理由を明確にする」ことです。志望動機は採用側に印象を与える大きなポイントとなります。しかし、だからといって言葉を書きなぐっても意味がありません。文章としてしっかりとまとまっていて、転職したい理由が明確であることが第一に必要です。例えばキャリアアップを図りたいなどと理由を明確にして、分かりやすい志望動機を心がけましょう。

二つ目は「自分のアピールをすること」です。希望している職場で自分がなにをしたいか・どういった能力で貢献したいかなどを志望動機に加えるようにしましょう。例えば理学療法士に活かせる資格を取得している場合は、その資格・スキルを通してのアピールをすると採用側に好印象を与えることが出来ます。また、他の職種から理学療法士に転職する場合は前職で得た知識や経験などを踏まえたアピールを行うようにしましょう。

三つ目は「職場の理念に共感する」ことです。どんなに自分自身をアピールしても採用側は「他でも良かったのでは」という疑問が生じてしまいます。そのため、希望している転職先の理念や経営方針について触れて、志望動機を書く事が大切です。理念や経営方針に対して触れられていると、採用側は「良く調べているな」、「本当にここで働きたいんだな」と印象を受けます。前もって転職先について情報収集をしておけば、決して難しくありません。試してみてください。

以上、三つの理学療法士の志望動機のポイントについて挙げていきました。この三つを踏まえることで内容が詰まった志望動機を書くことが出来ます。志望動機を書く時の注意点としてはやはり「文章のまとまり」です。文章にまとまりがないと、なにを伝えたいのかが分からなくなってしまいます。この対処法としては「完成した志望動機を自分で読み返す」ことが一番です。一度完成した文章を声に出して読むことで、志望動機がまとまった文章になっているかどうかを確認することが出来ます。面倒だと感じる方も多いかも知れませんが、理学療法士の転職を成功させることを第一に考えて再確認することを心がけましょう。採用側に自分の気持ちを素直に伝えられるような文章を心がけて志望動機を完成させてみてください。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.