理学療法士の転職時の面接のポイント

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の転職時の面接のポイント

理学療法士の転職時の面接のポイント

理学療法士への転職を考えるうえで、重要となってくるのは「面接」です。面接は採用に大きく関わってくるので気を抜かないようにしましょう。そこで、理学療法士の転職時の面接ポイントについていくつか挙げていきましょう。

まず一つ目に大切なのは「面接官の目を見て話す」ことです。採用側は理学療法士としての知識や技術を求める前に「人間性」を確認します。コミュニケーションを取るうえでの基礎を身につけているかどうかは、相手の目をしっかりと見て話しているかで判断することが出来ます。さらに相手の目を見て話すことで、より気持ちが伝わりやすくなるので必ず実施するようにしましょう。

二つ目は「積極的であること」です。面接には個人面接や集団面接などといった種類があります。個人面接の場合には積極性に欠けていても、自分をアピールする場が設けられています。しかし、集団面接となるとそうではありません。自分自身を積極的にアピールする意識をしっかりと持って、面接を受けることが大切となります。自分が持っている誠意を相手に伝えられるように積極的な面接を心がけましょう。

三つ目は「話は長すぎない」ことです。どのような種類の面接であっても、自分自身に与えられた時間内でしか面接をすることは出来ません。そのため、話が長くなってしまうのはNGとなります。さらに話が長くなってしまうと、どんなに良い内容であっても相手に良い印象を与えられなくなってしまいます。話す内容を事前にまとめておき、短く内容が詰まった回答をするように心がけましょう。

四つ目は「転職先についての情報収集をあらかじめしておく」ことです。面接官の質問に対して困ることがないように対処するためには、やはり情報収集が重要になります。職場の特徴や理念、業務体系などを事前に把握しておけばどのような質問に対しても対応することが出来ます。すると採用側は「しっかりと調べている」、「誠意が感じられる」といった好印象を持ってくれます。事前の情報収集は面接で自分が有利立つための重要なポイントなので、実行するようにしましょう。

以上、四つが理学療法士の転職時の面接のポイントとなります。基本的な内容ではありますが、基礎であるからこそ採用側は重点をおいています。四つのポイントを踏まえて面接を受けることで、面接で自分が有利に立つことが出来ます。話す際には、大きくハッキリと聞き取りやすい話し方を意識していきましょう。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.