理学療法士の転職活動の期間は?回数が多いと不利になる?

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の転職活動の期間は?回数が多いと不利になる?

理学療法士の転職活動の期間は?回数が多いと不利になる?

理学療法士への転職を考えている方は、どの程度の期間から準備を進めればいいのかお悩みではないでしょうか。転職準備期間は遅くても1〜2ヶ月前ほどから進めておく必要があります。転職活動をすると決めてから転職準備期間を取っておかないと、求人選びに余裕がなく転職に失敗する可能性が高くなってしまいます。さらに転職先についての情報収集が不十分であると、採用にも大きく影響してしまう可能性が出てきます。最低でも1ヶ月間の準備期間を用意して転職活動をすることをオススメします。

次に理学療法士への転職活動を行う時期についてですが、やはり4月頃がベストといえるでしょう。年末〜4月までは募集される求人も多い傾向にあり、様々な求人の中から吟味することが可能です。しかし、その分ライバルが多いということも頭に入れておかなければなりません。逆に8月〜10月頃はライバルが少なくなる傾向にありますが、その分求人数も少ないというのが現状です。そのため、多くの求人が出る4月が転職時期として最適だといえるでしょう。4月に転職することで新人同様の入社をすることができ、一から教育や研修を受けることも出来ます。

また、理学療法士への転職は転職回数が多いと不利になる傾向にあることが分かっています。理学療法士だけにいえることではありませんが、人材を育てるためには長い時間と労力・お金がかかってしまいます。そのため、採用側は長く勤めてくれる方を重視して求める傾向にあります。今までに転職した回数が多いとその分、採用側からは「仕事に飽きやすい」、「責任感に欠けている」などといった印象を持たれてしまいます。転職は悪いことではありませんが、何度も何度も回数を重ねてしまうと転職に不利になってしまうので注意が必要です。

理学療法士の転職を確実に成功させるためには、やはり多くの求人の中から自分に合った求人を見つけることが大切となってきます。そのためには転職準備を事前にしておくことが必要でしょう。準備期間を長くしておくことで、求人選びにも余裕ができて、転職に必要な情報の収集・各種資格の取得などが可能となります。そうすることで転職を確実に成功させることができますし、回数を重ねてしまって転職に不利になることも避けられます。これから理学療法士への転職を希望している方は、なるべく転職準備期間を長く取って、万全な状態で転職を進められるようにしていきましょう。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ医療介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.