理学療法士の転職にベストな年齢は?年齢制限はある?

理学療法士転職TOP >> 転職の基礎 >> 理学療法士の転職にベストな年齢は?年齢制限はある?

理学療法士の転職にベストな年齢は?年齢制限はある?

理学療法士の転職にベストな年齢は「20代後半〜30代中半」といわれています。その理由と挙げられているのは「柔軟な対応が可能」であることです。理学療法士といえど職場によって環境はそれぞれ違い、経営方針も異なっています。例えば規則が厳しかったり、対応する患者数が多かったりとその職場ごとに違った内容となっています。そのため長く前職で勤めていた方は、その職場での方針ややり方を体で覚えてしまっていてなかなか転職先に馴染むことが出来なくなってしまう傾向にあります。しかし、20代後半〜30代中半であれば、若いことから柔軟な対応が可能です。そのため、転職にベストな年齢といわれているのです。

続いて転職にベストな年齢といわれる理由がもうひとつあります。それは「経験と知識」です。20代後半〜30代中半の方は、現場で理学療法士として働いてきた経験と知識を持っています。そのため、即戦力として採用することが可能です。理学療法士などの医療・介護の職場は人材が不足しがちですぐにでも職務をこなせる人材を欲しています。こういった理由から理学療法士の転職にベストな年齢といえます。

理学療法士の年齢制限に関してですが、一般的には35歳ほどといわれています。しかし、理学療法士は国家資格となっていますので、実際に理学療法士として働く以外にも指導者として活躍できる場があり、転職する年齢はそこまで制限されてはいないようです。年齢とともに培ってきた技術や知識があれば、採用側も高く評価をしてくれます。

35歳以上から理学療法士の転職を成功させるポイントは「人間性」となります。もちろん、専門的な技術・知識も重要ですが、採用側は人間性を最重視してきます。患者と接するコミュニケーション能力が高い人材であれば、年齢に関係なく採用されやすくなります。

ただし、注意点として40代からの転職には「柔軟性」が重要です。40代の方は以前の職場での業務や経営方針などが染み付いているため、転職先に馴染みづらいといった傾向にあります。そのため、柔軟性を持って転職に臨むことが大切です。柔軟性を持って転職をすれば、年齢に関係なく転職を有利にすることが可能です。これから40代で理学療法士への転職を考えている方は「人間性」と「柔軟性」を大切にし、転職先でも自分の経験や能力を最大限に活かせるようにしていきましょう。きっと転職を有利に進めることが出来るはずです。

理学療法士の転職サイト人気ランキングはコチラから

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ医療介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



 ⇒⇒ 人気ランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 理学療法士の転職サイトランキング All Rights Reserved.